インビザライン希望だった私が表側ワイヤー矯正を選んだ理由

最近表側矯正を始めることを決心しました。3月12日から上の器具を装着する予定です。

実は、最初に歯列矯正を検討していたときはインビザラインでやるつもりでした。

ただ、調べていくうちにインビザラインでは私の希望を満たせないことが分かったので表側矯正を選びました。

今回は歯列矯正をするにあたって私が表側矯正を選ぶまでの過程と理由を書いていきます。

目次

歯列矯正をやろうと思ったきっかけ

まずは私が歯列矯正をやろうと決意したきっかけから。

前から自分の歯並びがガタガタだったのが気になってたのですが、結婚式の前撮りで自分の歯並びの悪さを再確認し、矯正やりたい欲が強くなってました。

下が実際の前撮り写真です。ニキビもできててひどい顔ですが気にしないでください

矯正を真剣に考えるきっかけになった前撮り写真

この写真を見て、歯並びの悪さと顎の無さ、頬のモコっとした感じが嫌だなぁって思ってました口ゴボなのかな?

 

ただ、費用が高いのと痛みにに耐えられるか心配でどうも踏み切れずにいました。

そんな時に、歯列矯正で友人の歯並びがキレイになってるのをみて自分も矯正をはじめることを決意しました。

やっぱり身近な人の影響力ってすごい✨

やりたい!と思ってからはしばらく歯列矯正について調べる日々が続きました。

調べてみると、歯列矯正で歯並びがよくなるだけでなく、横顔がキレイになった方がたくさんいてびっくり✨

私も歯列矯正をして横顔をキレイにしたい!と思うようになりました。

私が歯列矯正を探し始めたときの希望

  • 抜歯しても良いからとにかく横顔をキレイにしたい。
  • やるからにはしっかり歯並びを良くしたい。
  • できれば痛みは少ないほうが良い
  • できれば安くやりたい

インビザラインにするか、ワイヤー矯正にするか

私が今まで歯列矯正をためらっていた理由の一つが痛みがコワいでした。

歯列矯正で歯並びがキレイになった友人はインビザライン矯正でした。

友人曰く、インビザラインだったら食事中外せるから好きなもの食べれるし、痛みもさほど気にならなかった。とのこと。

痛みもなく、食事も好きなもの食べれて歯並び治せるなんてすごい!やるならインビザラインで矯正したい!と思い、矯正歯科を探し始めました。

インビザラインは探すのがむずかしい

さっそくインビザラインの矯正歯科を探し始めたのですが、インビザラインって選ぶのが難しい!

インビザラインはコンピューターが治療計画を作ってくれるのですが、そのまま行うと大抵の場合は計画通りに進まないので知識と技術がある先生選びが重要だそう。

どうやって選べば良いんだろうと迷っていたところインビザドクターというものがあることを知りました。

[word_balloon id=”5″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]インビザラインドクターってなに?[/word_balloon]

 

インビザドクターとは

インビザラインの治療経験数が50症例以上のドクターをインビザドクターとして認定してます。治療経験数が100症例以上になるとインビザゴールドドクター、500症例以上のドクターをインビザプラチナドクターとして認定されています。

詳しくはinvisa Dr.さんのページを見ていただくと分かりやすいです。

50症例以上でドクター認定されちゃうってすごくないですか?なんか不安になってしまった

ワイヤー矯正に比べると歴史が浅いから仕方ないのかな?

私は素人だから詳しいことは全然わからないけど、なんとなくやるならプラチナドクターに頼みたいなと思いました。

私は千葉県に住んでいるのですが、千葉県内だとプラチナドクターのいる矯正歯科は3件しかみつけられず、私の家からは通いづらいところばかり
(インビザドクターの数自体が少なくて、選択肢があまりなさそうでした。)

ワイヤー矯正の方が口ゴボを治しやすい?

「インビザライン 口ゴボ」とTwitterで検索すると、インビザラインでは口ゴボが思ったよりも改善しなかったという声がちらほらありました。
(私は気になったことはすぐにTwitterで調べてしまう。webで検索するよりもリアルな意見が見れるから。)


インビザラインで口ゴボが治った方もいたけど、このように治らなかったという方も見かけました。

その後ネットでも調べてみたら一般的にはインビザラインは非抜歯の方が向いていることがわかりました。

田口歯科医院さんのホームページが分かりやすかったので引用させていただきます。

基本的にインビザライン矯正は抜歯をしないケースの方が向いているといえます。

その理由としては、マウスピース矯正は歯を外側や内側に動かしていくことには優れているのですが、平行移動には向いていないためです。

歯を抜くとそこにスペースができるため、歯を平行移動させて動かす必要があります。そこで、平行移動が得意なワイヤー矯正がマウスピース矯正よりも使われるのです。

またインビザライン矯正では、細かい動きで歯を動かしていくため歯を動かす距離が少ない歯並びの方がスムーズに矯正出来ます。

抜歯をした場合には、歯を抜いたスペース分歯を大きく動かさなくてはいけないため膨大な時間がかかってしまうのです。

特に顎の大きさや歯並びによっては、歯を数本抜かなくてはいけないこともあり、その場合数本分のスペースを埋めるためには歯を動かす力の強いワイヤー矯正が適応になります。

基本的に抜歯が必要になる矯正はワイヤー矯正の方が向いているということを理解しておきましょう

(引用元 田口歯科医院

抜歯をしたからといって必ずワイヤー矯正になる訳ではないそうですが、口ゴボを治したいなら抜歯してワイヤー矯正の方が良いのかな?と気持ちが変わっていきました。

抜歯してインビザラインをする人もいるけど、やるなら確実な方法で徹底的にやりたいと思った。

せっかくやるなら歯並びだけじゃなくて横顔も綺麗にしたいからね!

インビザラインよりも表側矯正の方が費用が高い

表側矯正に踏み切った理由の一つに費用の安さがあります。

私が調べた感じだと、インビザライン矯正は85万~、表側矯正は65万~くらいのところが多かったです。
(多分調べればもっと安いところはあると思うけど、あまりに安すぎると不安)

インビザライン矯正をした私の友人は100万円程かかったと言っていました。

[word_balloon id=”7″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]インビザラインの国内平均治療費は約100万円、表側矯正は約70万円と言われてるよ。[/word_balloon]

ちなみに裏側矯正だとインビザラインよりも高くなります

表側矯正の痛みは大丈夫?

表側矯正に心が傾きかけていたのですが、痛みに耐えられるかが不安だったのでTwitterでリアルな声を集めてみました。


やっぱり痛いみたいですね😅(分かりきったことだったけど)

ただ、調べているうち痛くても頑張ってキレイになろうとしてる人がたくさんいて私も頑張ろう!って気持ちになりました

最終的に選んだのは表側矯正

表側矯正

痛みは怖いし器具も目立つけど、横顔を整えてくれる可能性が高く、費用も安い表側矯正を選びました。

痛みに関しては妥協するしかなかったけど、痛みも歯が動いてる証拠みたいなので楽しみながら矯正生活を送れたら良いなと思います✨

ちなみに私が選んだのは日本矯正歯科学会認定の先生がいる矯正歯科です。表側矯正で費用が55万円で月に一回調整料が5500円かかります。

比較的安く歯列矯正を始められたかなと思います。

安すぎると不安だったけど先生はリスクもきちんと説明してくれたし、話もきちんときいてくれる人だったのでお任せすることにしました。

まとめ

今回私は表側矯正を選んだけど、それが正解かどうかはやってみないと分かりません。

これからの矯正生活楽しみながら頑張りたいと思います!

歯列矯正のカウンセリング時に言われたリスクについて下記記事にまとめてます。よかったら是非💖
【歯列矯正】カウンセリング時にお医者様から言われた5つのリスクとは

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる