【歯列矯正】カウンセリング時にお医者様から言われた5つのリスクとは

歯列矯正

私は幼いころから歯並びが悪く、歯列矯正したいなぁ・・・となんとなく思っていたのですが、料金が高額だったり、痛そう。など不安があって踏み出せずにいました。

友人の歯並びが歯列矯正ですごくきれいになってたのをみて、やっぱり私も歯列矯正したい!という気持ちが強くなりました。

今やらないと子供が生まれたらもっとやりづらくなるだろうな、、、やるなら今のうちにやろう!ということで歯列矯正始めることにしました✨

先日歯列矯正のカウンセリングに行った際にリスクについても事前にお話しがありました。

今回はカウンセリング時お医者様から言われた、歯列矯正の5つのリスクについてまとめてみました。

※表側(ワイヤー)矯正でカウンセリングを受けています。※

歯列矯正を決意した詳しいきっかけと、なぜ表側(ワイヤー)矯正を選んだかは下記記事にまとめてるので是非💖
インビザライン希望だった私が表側ワイヤー矯正を選んだ理由

目次

リスク① 虫歯になりやすくなる(丁寧な歯磨きが必要)

歯を磨かなければ虫歯になるのは当たり前ですが、歯列矯正時は装置などがあって歯磨きしずらい為、虫歯ができやすくなるそうです。

治療中に大きな虫歯になってしまうと、矯正装置を外して虫歯の治療をします。

一時的に矯正をお休みしないといけないことになるので、ただでさえ長い矯正期間がさらに伸びてしまうことになるそう。

 

ただ、この点に関しては丁寧に歯磨きをすれば問題ないとの事でした。

矯正期間中はいつもより丁寧に歯磨きをしましょう!

また、矯正装置をつける前に虫歯がないかチェックしてもらいましょう。

リスク② 歯の根っこが溶けてしまうことがある。

(引用元 アイウエオ矯正歯科医院

歯を動かすことで根の先が溶けて短くなってしまうことがあります。

これを歯根吸収といいます。

重度の歯根吸収になると歯が抜けやすくなるリスクがあります。

また、治療後すぐは大丈夫でも歳を重ねてから歯根吸収の影響を受けることもあるそうです。

 

歯列矯正はブラケットという装置を歯に装着して、ブラケットの溝にワイヤーを通します。

ワイヤーの弾力を利用して歯に少しずつ力を加えながら移動させます。

このときに必要以上に力を加えすぎたり、無駄な動きや矯正期間が長引くと歯根吸収になりやすいそうです。

カウンセリングでは、
なるべく歯根吸収が起こらないように細心の注意を払って治療するが、それでも歯根吸収になってしまう人はいる。
と言われました。

歯根吸収の発生頻度は?

歯根吸収の発生頻度について調べてみました。

【発生頻度】

歯根吸収の発生頻度は、過去の文献によると、

中程度(2mm以上、歯根長の1/3以下)10〜17% *4,5,6

重度(歯根長の1/3以上)1〜5% *7,8

中程度〜重度(歯根長の1/4以上)10.3% *9

などと報告されています。

(引用元 NOC Blog |西岡矯正歯科医院 ブログ)

上記のデータによると程度の差はあっても、三割程度の方が歯根吸収になってしまう恐れがあるみたいですね。

歯列矯正をやるからには、自分がこのような状態になってしまうかも・・・ということを覚悟しておいた方が良さそうですね。

リスク③ まれに歯の神経が死んでしまうことがある。

 

 

歯髄壊死

(引用元 Dental Note)

歯の神経が死ぬことを歯髄壊死と言います。

歯髄壊死は加齢で起こる場合もあれば、まれに矯正で歯を動かすことで血管が切れてしまい歯髄壊死が起こることがあるそうです。

歯髄壊死になってしまうと歯が変色して黒くなってしまいます。

昔のハリセンボンの箕輪はるかさんのような状態ですね。(今はもう治療されてキレイになってます✨)

痛くはないそうですが、歯が黒くなってしまったらショックですね💦

 

歯髄壊死の発生頻度は?

全治療患者さんの中で1%以下と言われていて、発生頻度はかなり少ないそうです。

これは、なってしまったとしても治療はできます。(お値段はかかりそうですが、、、)

リスク④ 歯茎が下がってしまう

 

(引用元 アイウエオ矯正歯科医院

歯茎が下がり、歯の根元が見えてしまうことを歯肉退縮と言います。

歯肉退縮は加齢や歯磨きの力が強すぎたりしても起こってしまいます。

歯列矯正で歯が移動した先で新しく歯茎が作られれば問題ないのですが、歯茎の再生が追いつかないと歯肉退縮になってしまいます。

元々前歯が長くて歯茎が薄い方はとくになりやすいそうです。

また、ガタガタだった歯並びをキレイに並べると歯肉退縮が起こった場合に、歯と歯の間に隙間ができる場合があります。
これをブラックトライアングルと言います。

ブラックトライアングル

(引用元 神田デンタルケアクリニック

上の写真はすごく分かりやすいですね。

歯肉退縮になってしまうとこういった見た目だけの問題ではなく、知覚過敏や虫歯・歯周病などになりやすくなることがあります。

歯肉退縮の発生頻度は?

歯肉退縮の発生頻度は、子どもで8%、50歳代で100%と言われてるそうです。

私は今27歳なのですが、カウンセリング時にブラックトライアングルになってしまう可能性が高いとハッキリ言われました。

私の職場の先輩も私と同じくらいの年齢で歯列矯正をしたのですが、ブラックトライアングルになってしまったそうです。

実際にその先輩とランチするのですが近くで見ても気づかなかったです。
多分口を開けてじっと見ないと分からないものなのかな?(歯肉退縮の度合いによると思いますが、、、)

お医者様いわく、歯肉退縮になってしまう人が多いため、かなり気を使って治療しているそうです。
でも、やってみないと歯肉退縮になるかは分からなくて、どんなに気を付けていてもなってしまう人はなってしまうとのことでした。

数あるリスクでもお医者様は歯肉退縮について重点的に話されてました。

歯肉退縮に関しては覚悟して歯列矯正に臨んだ方が良さそうですね。

また、歯肉退縮になってしまうと治療法はなくはないのですが、高額だったり効果が一時的だったりするので治療は大変みたいです。

職場の先輩も歯肉退縮の治療はしてないと言ってました。
私も、もしなってしまったら諦めるしかないだろう。と思ってます。

 

リスク⑤ 顎関節症になることがある

歯列矯正中に顎関節症になってしまったり症状が悪化することがあるそうです。

歯を並べる過程で一時的に嚙み合わせが悪くなることで、顎関節症の症状がでることがあります。

私は、歯列矯正で顎関節症が治ると思ってたので予想外でした💦

お医者様にハッキリと歯列矯正したからといって顎関節症が治るとは限らないと言われました。

歯列矯正中の顎関節症発生頻度は?

調べても具体的な数字は出てこなかったのですが、発生頻度はそこまで多くないようです。

顎関節症も一時的なものなので、そこまで恐れる必要はないのかな、、、と思ってます🤔

 

歯列矯正のリスク まとめ

歯列矯正のカウンセリング時に説明されたリスクについてまとめてみました。

いかがでしたか?

私は、リスクが思ったよりも多くてその場で即決するつもりだったのに家に持ち帰ることにしました。

お医者様にも「歯列矯正しないと今後健康に影響があるとかはないから、本当にやりたいかよく考えてから結論を出してね。」
と言われました。

でも、「歯列矯正をして嚙み合わせを正しくすることで機能面が整い、見た目も良くなる場合が多い」ということもお医者様は言ってました。

リスクはあるけどやってみないと分からないし、後からやっておけば良かったと後悔したくない!

そう思って次の日に電話して、歯列矯正の検査予約を入れました✨

今後は検査の結果やその後の過程を書いていきたいと思ってます。

歯列矯正で悩む人の参考になれば幸いです💖

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる